ED治療薬【バイアグラ(viagra)】の効果・副作用

バイアグラ

商品名 ■Viagra

メーカー■PFIZER

ブランド■ファイザー

成分  ■クエン酸シルデナフィル

内容量 ■1箱4錠 (50mg/100mg)

バイアグラとは、世界で一番最初に開発されたED治療薬です。

EDとは、男性に起こる勃起不全のことを現します。

バイアグラは1998年からアメリカで販売されていたのですが、バイアグラの効果が瞬く間に広がり、日本でも1999年に認可・販売されるようになりました。

バイアグラが勃起する力を促せるのは、主成分である『クエン酸シルデナフィル』の働きが重要となってきます。

クエン酸シルデナフィルは、勃起の邪魔をするPDE5酸素を阻害する働きがあります。

勃起が正常に起こるのは、陰茎内部に十分な血が流れるからなのですが、PDE5の働きによって血流が悪くなり、勃起不全となります。

しかし、クエン酸シルデナフィルはPDE5の働きを抑制し、陰茎内部への血流を正常に整えてくれます。

この働きにより、バイアグラを服用するとEDが改善されるという理由に繋がるのです。

クエン酸シルデナフィルは、ED改善の他に「慢性心不全」や「高血圧症」などの疾患に対しても効果があります。

これからED治療を始めようと考えている方は、まずバイアグラから試してはいかがでしょうか?

バイアグラの服用方法

profile

バイアグラは、性行為の1時間前に1錠服用します。

バイアグラは食事の影響を受けやすいので、空腹時に服用してください。

バイアグラの効果は、平均30分~1時間後に現れます。

バイアグラの1日最大服用量は1錠までとし、次の服用までは間隔を24時間空けてください。

また、性行為の前にアルコールを摂取すると効果が落ちる可能性がありますので、アルコールも控えた方が良いでしょう。

バイアグラの副作用/注意点

safety_pic02

バイアグラは服用することで副作用が起こる事があります。

バイアグラを服用して起こるとされている副作用は以下の通りです。

鼻づまり 顔のほてり 頭痛 目の充血 動悸

この他にも血管拡張することにより、血圧が2~3ほど下がります。

これらの症状は、通常4時間~6時間ほどで治まります。

一定時間を経過しても副作用が治まらない場合は、お近くの医師に相談するようにしましょう。

それからバイアグラの服用後は、事故防止のために自動車の運転は控えるようにしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ