EDの原因は?きちんと理解するのがED治療の第一歩!

なぜEDになってしまったのか?原因はわかっていますか?

性行為の際に、思うように勃起しない状態をED(勃起不全)といいます。
ED症状に悩む患者さんの多くは、即効性のあるED治療が知りたいと言っています。

EDの症状は同じですが、その原因はいくつかに分けられるようです。自分のEDの原因がわからないと効果的な治療は望めない場合や、無闇な自己判断によりED治療薬を服用してしまうと重篤な副作用が起こり、危険な場合もあるため、一度ED外来などを受診してみるのもひとつの手段です。

ED治療にも様々な方法がありますが、その中でも効果が出やすいEDの治療は内服薬によるもので、有名なものではバイアグラやレビトラがあります。
これらは通信販売などで簡単に入手できますが、上記でも述べたように、EDの原因によってはこれらの薬を飲むと危険な場合もあります。

EDの原因の主なものは以下の4つにわけられます。
1.心因性(緊張やプレッシャー・不安・疲労・ストレス)
2.器質性(高血圧・糖尿病・動脈硬化・男性ホルモンの低下・加齢など身体的な問題)
3.混在性(心因性と器質性が混在して起こる)
4.その他(抗うつ薬・向精神薬・降圧剤などの副作用)

勃起不全には上記の様に種類があるので、まずED外来か泌尿器科を受診して健康上の問題がないかを確認した上で、医師の指示の元でED治療薬を開始しましょう。

勃起不全(ED)の原因は、器質性・心因性及びその両方から起因する混合性のものに大きく分けられます。
原因がどれにしろ、バイアグラなどのED治療薬が効くか、効かないかは、ケースバイケースです。
しかしできるだけ適切な治療をしたいと考えるのであれば、やはり自分のED症状の原因をきちんと理解しておくべきでしょう。

バイアグラなどは性欲を増強させる効果があるわけではなく、性的な刺激により性欲が増してペニス周辺への血液循環をよくすることで、勃起を促す効果があります。
従って、性欲が減退している、性的興奮の無い状態でやる気の起きないセックスにおいては、効果は期待できません。

・即効性があり短時間orゆっくりで持続性がある
ED治療薬にも種類があり、即効性があるがその効果は短時間のものや、反対に作用はゆっくりだが持続性があるものもあります。どちらのタイプが自分に合うのか、よく検討してみるとよいでしょう。

バイアグラは服用後1時間程度で効果が出現して5時間程度で減少しますが、他には服用後3時間程度で効果がじわじわ出現してきて20時間以上も持続するものもあります。
「即効性があり効果も高いが短時間」「即効性はなく勃起力もさほど強くないが長時間」どちらも一長一短ありますが、自分に合う方を試してみるとよいでしょう。

一言にEDといってもその原因によって治療効果は変わってくるようですし、ED治療薬として有名なバイアグラは、即効性はあるものの、一般的に持続時間は長くはないようです。
自分のED症状の原因ときちんと向き合って、ED治療に取り組みましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ