ED治療薬バイアグラの誕生秘話!!

このページでは、バイアグラが開発されるまでの誕生秘話についてまとめています。

バイアグラに含まれている成分『クエン酸シルデナフィル』には歴史があります。

このクエン酸シルデナフィルが齎す効果を全てご紹介します。

EDではない男性にとってもこのページにまとめている内容は、知って損のない情報なので、必ず目を通して下さい。

バイアグラが誕生するまで

help_generic_img1

新薬の開発には、ある病気の薬として開発されても全く違う効果をを発揮し、新しい新薬として誕生することがあります。

バイアグラもそのひとつです。

ED治療薬として勃起障害を改善するバイアグラ(クエン酸シルデナフィル)は、狭心症治療薬の開発から誕生しました。

体内には血流を高めるために血管を拡張するサイクリックGMPという物質と、その働きを抑えるホスホジエステラーゼ(PDE5)という酸素で血管状態のバランスを保っています。

viagra

勃起障害(ED)や狭心症が起こる原因は、PDE5酸素の働きにGMP物質が負けてしまうことで起こります。

つまり、PDE5酸素が原因で勃起障害(ED)や狭心症を発症してしまうのです。

しかし、クエン酸シルデナフィルはPDE5酸素を抑制する働きがあるので、心臓の血流が悪くなる病気の狭心症や勃起障害(ED)に効果があると分かったのです。

今では、クエン酸シルデナフィルはED治療薬バイアグラの有効成分として有名ですが、ED治療薬としてではなく、狭心症の治療を目的として開発された歴史があるのですよ。

バイアグラ服用で注意すべきこと

バイアグラはこのような働きをもつお薬なので、狭心症や心筋梗塞の治療薬『ニトログリセリン』や『硝酸薬』『一酸化窒素供与薬』などとバイアグラを併用することは禁止されています。

これらの薬は、血圧を下げる薬なのでバイアグラと併用すると急激に血圧が下がり、死にいたることもあるので注意する必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ