バイアグラはスポーツ選手に多く服用されている?!

バイアグラは、男性器に起こる勃起不全を改善するお薬ですが、実はスポーツにも効果が期待できるとして多くのスポーツ選手が服用しているという情報が入りました。

今回は、バイアグラとスポーツの関係性について詳しくまとめていきます。

バイアグラとは?

バイアグラ

バイアグラとは、勃起不全の治療を目的として販売されているED治療薬です。

一般的に勃起は、性的な刺激を受けた際に脳が性器の神経に伝える事により起こります。

勃起している時は、サイクリックGMPと呼ばれる物質が増加します。

つまりサイクリックGMPは、勃起を促すのに必要な物質なのです。

男性器の周辺には、勃起を抑制する働きがある酸素もあります。

その体内酸素は、ホスホジェステラーゼ5(PDE5)という酸素です。

このPDE5酸素は、GMP物質を分解する働きがあります。

勃起不全は、このPDE5酸素が活発に活動していることによって起こるのです。

バイアグラは、このPDE5酸素の働きを抑制するので、勃起不全を改善することが出来るのです。

バイアグラとスポーツの関係について

c0152553_13304390

バイアグラは服用後、血管を拡張して血流を良くする作用があります。

血流が良くなるというのは陰茎部分だけに作用するわけではありません。

バイアグラは全身の血流を良くする効果があります。

バイアグラを服用して血流がよくなるという事は全身により多くの酸素を供給出来るという事になります。

その結果、運動能力の向上が期待出来るというわけなのです。

スポーツの中でも、アメリカンフットボールやメジャーリーグのベースボール選手の多くがバイアグラを服用していることが分かっています。

なので、このスポーツに類似のスポーツを行っている方には、バイアグラの効果が期待できるかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ