【ED治療に新薬!?】世界最凶の毒グモ(クロドクシボグモ)に勃起効果発見!?

ED治療ニュース

衝撃のニュースです!!

勃起不全を治療する事を目的として、世界中の男性を手助けしてくれている「バイアグラ・レビトラ・シアリス」などのED治療薬。

ED治療薬にはいろんな種類があってそれぞれ異なる成分が含まれており、違った効果が期待できるのが特徴的です。

ですが、今回のニュースに関しては、まったく異なるルートからED治療の効果が期待できるとの話があります!!

毒グモ(クロドクシボグモ)に勃起作用が!?

毒グモ

勃起不全の治療薬と言えば、バイアグラなどの有名な薬が頭に浮かんでくると思います。

バイアグラを含むED治療薬には、少なからず副作用があるとされていますが、今回期待されている治療薬には副作用がない・・・・!?

実は、世界最凶とも言われる猛毒を持つ毒グモ(クロドクシボグモ)の猛毒に含まれている成分、「PhPP-19」がバイアグラに代わって勃起効果を持続させる効果があるという事が最近の研究で発表されたようなのです。

「ホントに毒グモにED治療や勃起持続力の効果があるの?」

と思ってしまう方も多いと思います。しかも痛みや副作用がないなんて・・・。

しかし、ブラジルのミナス連邦大学の科学者たちがマウスを使って実験をしたところ、心臓やその他の内臓にダメージがない状態で勃起効果を誘発させることができたのです。

なぜ、毒グモにバイアグラのような効果が?

バイアグラ効果

衝撃のニュースです!!

少し前になりますが、2011年の研究ではミナス連邦大学のケニア博士がこう述べています。

「ブラジリアン・ワンダリング・スパイダー(クロドクシボグモ)の毒にはさまざまな分子が極端に濃すぎる霧状の液体燃料を持っている、これによって人がクロドクシボグモに噛まれた時に勃起の持続力を含む様々な症状がみられるのです。」

まだ、100%に近しい検証はできておらず、恐らく世の中にも出回っていないのですが、勃起不全の治療や勃起効果を期待できる効果的な新薬になりえるかもしれないと期待を寄せているようです。

いずれは、この毒グモ(クロドクシボグモ)の成分が人間に使用される時がくるかもしれません・・・。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ