ED(勃起不全)の原因「活性酸素」について

factors

ED(勃起不全)を促進してしまう悪い物質の1つに「活性酸素」があります。

活性酸素は、血管や神経の細胞にもダメージを与えます。

活性酸素によって血管にダメージを与えてしまうと、血管は十分な一酸化炭素(NO)を分泌することができません。

これらは勃起障害(ED)だけではなく、多くの生活習慣病の原因となります。

通常、活性酸素は抗酸化物質によって阻害されるのですが、活性酸素の量が多くなると阻害されない活性酸素が体内に残ってしまいます。

この状態のことを「酸化ストレス」と言うのですが、酸化ストレスが高ければ高いほど、EDや生活習慣病になりやすいのです。

EDを改善するには交感神経を休ませる

image51

男性は正常に勃起が起こるのは、心身がリラックスしている時です。

具体的に言うと、副交感神経が働いている時です。

交感神経とは、仕事をしている時や緊張している時、何らかの原因でストレスを感じている時に働く神経です。

交感神経が活性化している時は、勃起が起きにくいだけではなく、不眠症の原因となります。

今の社会においては交感神経が働いてしまうのは止むを得ないことなので、休日はゆっくり体を休め、リラックスして副交感神経を優位にすることにも努めましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ