EDの様々な悩みをまとめてみました。

EDの悩み

中高年の悩みとなるEDを理解しよう

男性においてEDは非常に悩ましい問題で、年齢を重ねるごとにその症状は重くなる可能性が高くなっています。EDはErectile Dysfunctionの略で日本語にすると勃起不全となっています。

文字通り陰茎が勃起しない状態のことを指しますが、必ずしも勃起できないからEDと呼ぶわけではありません。

正確な定義は女性との性行為が困難な状態を指し、行為中に萎えてしまう、十分な硬さを維持できないなどの状態も含まれています。

20代などの若者にも起こり得る問題ですが、この場合は心理的な要素が原因となっていて、30代以上の中高年の悩みとなる場合は陰茎への血行不良、つまり器質性が原因となっています。

血行障害については生活習慣が大きく関与しており、油分の多い食生活を繰り返したり、喫煙をする、不規則な生活を送るなどと共に、運動不足なども関わっています。

また、陰茎だけでなく脳や心臓などの血管に不具合が生じている可能性もあるため、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞といった生活習慣病の疑いもあるのです。

そのため、EDは単なる男性機能の障害が問題となるわけではなく、健康上においても重要な問題となることもあるため、その他の病気との関連性にも注意しなくてはいけません。

夫婦の悩みで多いのは夫のED

夫婦の悩みで多いのはセックスレスです。セックスレスになる原因は色々ありますが、夫のEDがきっかけだと妻が離婚したがるケースに発展しやすいです。

セックスは夫婦間での愛情を確かめ合う行為でもあります。

夫が妻の気持ちに応えられないようになると、他の男性に寂しさを埋めてもらおうと浮気する可能性もあり、夫婦関係が悪化します。

男性はプライドからEDである事実を認めたがらないので、改善する努力もしません。妻がその姿を見て愛情が冷めることもあります。

仲が良くて信頼し合ってもEDになることは珍しくありません。

夫婦関係が良好ならスキンシップやキスなどでも互いの愛情を深めることができますが、夫はその先を期待されると困るので、些細なスキンシップさえ消えてしまいます。

夫婦関係を良い状態で保ちたいならば、夫はEDが発覚したらすぐに病院に行きます。病院ではED治療薬の処方やカウンセリングを通して、男性がセックスに嫌悪感を抱かないようにサポートします。

妻は夫にとってデリケートな問題に干渉しすぎないようにし、夫が協力を求めている時は2人で乗り越えます。EDの夫と離婚したいと考える妻も多いですが、克服できる病気なので気長に付き合います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ