男性更年期障害を境にEDは急増する!

daiseikounenki01

年齢を重ねるとともに、中年以降になって多くの臓器の機能で老化現象がみられるようになります。

精神・心理、臓器、性機能が変調をきたし、これが限界を超えると病気であり、治療の対象となります。

これらの症状は、女性ホルモンの分泌が減少する中高年の時期に発症するところから、いわゆる「更年期障害」と呼ばれ、中高年女性特有の障害とされてきました。

しかし、男性にも女性と同じような「男性更年期障害」があることがわかり、中高年男性の体の変調は、「加齢による男性ホルモン(テストステロン)の減少」が主因であることが明らかになりました。

最近の研究では、高齢男性における男性ホルモンの欠乏は、心血管疾患の危険因子となることが明らかになりました。

そればかりでなく、血液中のテストステロンの減少が高齢男性の脳梗塞と関係することが報告されています。

男性ホルモンの減少がなぜ心血管疾患に関連するのか!?

about21

原因は動脈硬化を促進するということが考えられています。

動脈硬化の重要な原因には加齢、高血圧、脂質代謝異常症、糖尿病、喫煙があるが、これに男性ホルモンの減少が加わります。

テストステロン減少によって神経機能にも変化が表れます。

高齢者ではうつ病患者や認知症患者が増加するケースもあります。

いらいら感、不眠、うつ症状などの一部は、加齢によるテストステロンの減少で起こる可能性があると考えられているので、心療内科と並行して治療を勧める場合もあります。

男性更年期障害の大きな問題

ed_aga_img01

「男性更年期障害」の最も大きな問題が、男性性機能の変化です。

テストステロンの減少は男性性機能に密接に影響します。

年齢を重ねるに従って血中遊離テストステロンが減ってくると、性行為に対する興味や意欲が鈍ってくるといわれています。

勃起については、動脈硬化によって細い血管が集まっている陰茎海綿体に血液がいきづらくなることで十分な硬さが得られなかったり、維持が困難になることがあります。

いわゆる勃起障害(ED)です。

その他の自覚症状としては、早朝勃起、いわゆる朝立ちが消失したり、またその回数が減少することにもなります。

tiryou-1024x682

例えば動脈硬化のある人が、55歳で勃起不全になったとすると、その人は数年たって心臓にいく血管も狭くなり、狭心症や心筋梗塞で命を落とすリスクがあります。

というのも心臓の冠状動脈は陰茎の血管よりも若干太いために、勃起障害(ED)の症状が出たときに狭心症が出るほどの閉塞は起こらないからです。

高血圧症があって、それから勃起障害(ED)になった人は、将来の心筋梗塞を防ぐために循環器系の検査を早めに受けることが健康を保つ秘訣になります。

img_lifestyle_02

勃起障害(ED)の予防には、生活習慣病にならないように注意すること、健康に気をつけることです。

アルコールのとりすぎ、たばこも原因になります。

普段から過食による脂質代謝異常症を防いでいれば、年を取ってからも健康な性生活を送ることができます。

勃起障害(ED)の治療法

ninshin

勃起障害(ED)になったときには色々な治療方法がありますが、泌尿器科の専門医を訪ねると最初に勧められるのがバイアグラやレビトラ、シアリスのED治療薬です。

この3種類の薬は、バイアグラは陰茎の硬さが最も強い、レビトラは内服前に食事をしても効果が影響されにくく、効果が出るまでの時間が短い。

シアリスは持続時間が約36時間と長いため、服用後に時間にとらわれずに性行為ができるなど、それぞれ特徴があります。

しかし、勃起に対する効果と副作用については3種類の薬とも大差はなく、自分のライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ