3大ED治療薬・勃起薬徹底比較!!

バイアグラ・シアリス・レビトラ比較

このページでは、世界三大ED治療薬「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」を徹的比較してます!!

この三大ED治療薬の異なる点、作用効果などたくさんのことをまとめています。

これからED治療を始めようとしている方、自分に合ったED治療薬をお探しの方に参考になれば良いなと思います。

世界三大ED治療薬【バイアグラ】について

バイアグラ

ED治療薬として最も有名なバイアグラは、ED治療薬として一番最初に開発されたお薬です。

バイアグラは1998年にアメリカから販売をスタートし、効果が絶大なので、瞬く間に世界中で認可・販売されるようになりました。

バイアグラがなぜ勃起を起こすことができるのかというと、バイアグラに含まれている成分「クエン酸シルデナフィル」が大きく関わっています。

クエン酸シルデナフィルは、陰茎の海綿体における血流を阻害する酵素PED5を阻害する、という効果を発揮します。

勃起不全の原因は、このPED5が血流を阻害するすることで起こります。

しかし、クエン酸シルデナフィルは海綿体の血管を拡張させ、PED5の働きを抑制するので、EDが改善されるというわけなのです。

バイアグラは販売当初、媚薬と勘違いして服用される方が多かったのですが、バイアグラには性欲を高める効果はありません。

バイアグラは、服用中に性的興奮を得て始めて力を発揮します。

バイアグラをED改善目的ではなく、媚薬として服用しようと考えていた方は、EDではない限り服用しないで下さい。

世界三大ED治療薬【レビトラ】について

レビトラ

ED治療薬として有名なレビトラは、バイアグラの次に開発されたお薬です。

レビトラは、2003年にFDA(アメリカ食品医薬品局)で承認を得て、世界70カ国以上で販売されています。

日本では、2004年に厚生労働省から販売の許可がおりて、5mg・10mgが販売されるようになりました。

レビトラがなぜ勃起を起こすことができるのかというと、レビトラに含まれている成分「塩酸バルデナフィル水和物」が大きく関わっています。

バルデナフィルは、バイアグラと同様にPDE5という酸素を阻害する働きがあります。

ここまでは、バイアグラと同じ働きをするレビトラですが、異なる点は効果が現れる時間にあります。

バイアグラは、服用後30分~1時間で効果が現れてくるのですが、レビトラは服用後、15分~30分ほどで効果が現れることが多いのです。

更に、バイアグラは食事の影響を受けやすいことがデメリットとされてきましたが、レビトラは食事の影響をあまり受けません。

しかし、全く食事の影響を受けないとは限りませんので、考慮して服用されたほうが良いでしょう。

世界三大ED治療薬【シアリス】について

シアリス

ED治療薬として有名なシアリスは、ED治療薬として3番目に開発されたお薬です。

シアリスは、2003年からアメリカで販売されており、日本では2007年に厚生労働省により認可され製造・販売されております。

シアリスがなぜ勃起を起こすことができるのかというと、シアリスに含まれている成分「タダラフィル」が大きく関わっています。

タダラフィルもバイアグラやレビトラ同様、PDE5酸素を阻害する働きがあるのですが、2つのED治療薬と異なる点は、タダラフィルが水に溶けにくい性質であることです。

バイアグラやレビトラは、服用後1時間以内に効果が現れますが、レビトラは30分~4時間後と効果が現れるまでに時間が掛かります。

ここまでの説明だとシアリスにメリットはないと思いますよね?

シアリスは効果を現してから本当の力を発揮します。

先ほどもお伝えしましたが、シアリスは水に溶けにくい性質なので、効果持続時間が30時間も続くと言われています。

バイアグラやレビトラと異なる点は、この持続時間にあったのです。

ちなみにバイアグラの持続時間は5~6時間、レビトラの持続時間は5~10時間だといわれています。

ただ、持続時間が長い分、効果を発揮する力が2つのED治療薬よりも弱いというのがデメリットになります。

シアリスは、旅行に行かれる際などには、適しているED治療薬ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ